ロードバイクで安心してスマホを収納する3つの方法

 

野外活動が多くなる夏。ジョギングやサイクリングなどの活動の場面が増えてきます。
特に最近ではロードバイクで通勤、通学する方が増えているようです。
それに伴いロードバイク走行中に起こり得るトラブルとして、
*走行中にスマホを落としてしまう
*突然の雨に降られスマホがずぶ濡れになる

という点が挙げられます。

どうやったらこれらを解決できるのか3つの方法をご紹介いたします。

1.耐久度のあるケース
2.防水加工で屋外でも快適に
3.かさばらないを実現

 

衝撃に強いスマホ収納財布

まずは、突然の落下に備えてスマホをしっかりと保護するカバーがあると、いうまでもなく安心です。
旅の途中、必需品と言えるスマホを落としてしまって故障してしまった…となると不便で仕方ありません。
スマホが落下した場合、強い耐久度がある保護カバーに入れておけば故障するリスクを抑えられるのですが、
そこまで強い耐久度を誇るケースはなかなかないと思います。

「bellroy」のアクティビティに長けた耐久度のある財布はロードバイクに乗られる方やアクティビティに興じる方にぴったりです。
コンパクトで耐久度もあるBellroyの財布では、万が一の場合でも衝撃を吸収しスマホが故障するのを防ぎます。

 

防水加工があると更に便利。

ロードバイクに乗っていてスマホをポケットに収納していたけれど、突然の雨。困りますよね。
目的の場所を検索しようにも雨の中、水に弱いスマホを使うのは戸惑ってしまいます。
ロードバイクは雨風をしのげるような場所に一時的に隠れるというのも難しいことが多いはず。

そんなときに重宝するのは防水加工がかかっているスマホケースです。
出来ればこの時ファスナーもしっかり耐水性があるものが望ましいです。
なかなかそんな防水加工がついたものなんてないよね…。と思われているかもしれません。

実は「bellroy」にはあります。

エレメンツシリーズは全天候型レザーと防水が強化されたジッパーなので
突然の雨でも中身が濡れてしまう確立がグッと減り、雨に打たれスマホの調子が狂うなんてのも防いでくれます。

 

できることならかさばらない方がいい。

せっかくのアクティビティや運動の機会にゴロゴロしたものがポケットに入っているとせっかくの楽しい時間も興ざめ・・・
なんてことになってしまいかねません。

そして、緊急時などにも1・2枚の紙幣と小銭があると便利です。
財布なんて持って行ったら邪魔でしょ。という声が聞こえてきそうですが…。

「bellroy」のスマホも収納出来る財布はロードバイクに乗っていても邪魔にならないほどコンパクトでスリム
アクティビティ中、持ち物に気を取られて身軽に行動できなければ楽しくありません。
「bellroy」のエレメンツシリーズの財布は埃も水もブロックしてくれるジッパー付き。何も気にせずアクティビティを堪能できます。

バイクやアクティビティを楽しまれる際にもBellroyの財布を

ロードバイクに限らず様々なアクティビティの場面で遭遇するトラブルを「bellroy」のスマホも入る財布は解決してくれます。
ゴルフで急な雨に打たれた、ということを私はよく経験します。
カッパは持参しているのですが、財布はぐちゃぐちゃに濡れて帰ってきてから紙幣を干した、など突然の天候の変化に悩まされました。

しかし「bellroy」の財布はこのような突然のアクシデントにも十分対応しているので、アクティビティをもっと活動的に楽しめます。

 

ロードバイクで安心してスマホを収納できる財布はこちら